2級以上の受検者は要注意! 独学受検のワナ!!

急に難しくなる2級からの独学受検には覚悟が必要

簿記検定の受検者の多くは、独学という学習法を選択しているそうです。
独学は手軽で費用がそれほどかかりませんし、自分の好きな時間に
自分のペースで学習できる点が魅力でしょう。

確かに、日商簿記3級程度のレベルの検定なら、書店やネットでテキストを
購入して勉強すれば、1ヶ月ほどの学習期間で合格できてしまう人も
少なくないはずです。

しかし、簿記検定は3級から2級にレベルアップしたとたんに、
難易度が急激に上がってしまうのが特徴です。
2級の出題範囲には、多くの受検者が苦手とする工業簿記も加わりますし、
3級レベルの学習は理解できても、2級になったらついていけずに挫折…
ということも考えられます。

しかも、独学での受検にはさらに大きな障害が立ちはだかります。

当然のことですが、分からない問題などがあるときでも、
すべてを自分の力だけで解決しなければなりません。
学習スケジュールも自分の判断で管理しなければなりませんし、
テキストや問題集も自力で買い集めることになります。

これは、資格試験用テキストの全般に言えることなのですが、
市販のテキストの多くは、大手の資格予備校が受講生を集めるための
宣伝の一環として作っているもので、それ一冊で検定に合格できるほどの
知識を身につけられるものではありません。
数冊買い集めて検討し、足りない部分があったらまた買い足す、
という作業を行う必要があるのです。

このように、独学では肝心の学習以外の部分でクリアしなければならない
壁が多すぎて、なかなか学習に集中できないというのが現状でしょう。
ひとりですべてに立ち向かおうというのは気楽なようですが、
常に不安に苛まれることを覚悟しておく必要があるのです。

>>簿記検定の最も効率的な勉強法ならコチラ!